夜寝る前は口腔ケアによって歯垢をちゃんと取り除くことが不可欠ですが

歯医者の定期検診なんて不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが、虫歯の治療をせずに虫歯がどんどん進行してしまい、入れ歯になるよりはなってもいいのでしょうか。

歯科での定期検診は年に1回から2回は行って、かかりつけの歯科を決めることで歯医者さんに覚えてもらって、口腔内の健康を保ちましょう。

フッ素が入った歯磨き剤を娘に使わせるのは危険なのか、と心配をする親御さんが多くいます。

理由ですが、フッ素をたくさん摂ると、フッ素中毒や骨硬化症などの病状が出るかもしれないから、らしいです。

フッ素は、標準量を超えるような多量のフッ化物を含んでいる飲料を飲むことで、健康に悪い効果が生じる可能性があるのは、世界での統一見解です。

つまり、換言するなら、歯磨きから摂取する程度の量であれば、過剰に気を揉む必要はないというのがノーマルな考え方安心していいですよ。

むしろ、フッ素を使用しているのが理由で、ついつい油断してしまい、デザートに甘美な食べ物をたっぷり与える方がよっぽど問題があります。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが、実際は密接なつながりがあるのです。

糖尿病にかかると生体本能である抵抗力が下がるので、口腔内にいる細菌に歯周組織が感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌量が減るので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、虫歯になりやすいというわけです。
便秘のお茶

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、ここから歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと考えられているのです。

血糖値が高いことは普通、自分では分かりませんので、糖尿病に罹患していても気付けない人がほとんどですが、歯科での検診がきっかけでもしかしたら糖尿かもと知ることができるのです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の状態に関連性があるという意見もあるので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

歯周病とは、歯垢のストレプトコッカス・ミュータンス菌が原因で歯茎に炎症が生じ、歯の骨が溶けてしまう疾患で、歯周病をきっかけとして歯がダメになることも多いです。

口の中には200種類~400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらが固まると歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも複数存在し、歯ぎしりのクセ、喫煙、食生活の偏り、骨粗鬆症、ストレスの高い生活、薬の長期服用など多くの種類があります。